大嶋 拓 Oshima Taku

1963年(昭和38年)4月6日、東京都世田谷区に生まれる。1971〜72年、小学2年生の時、特撮テレビ映画「帰ってきたウルトラマン」と「仮面ライダー」の撮影現場を見学したことがきっかけとなり、翌73年から8ミリフィルムカメラを回し始める。

1977年、中学校の先輩や友人らと製作した「ひとかけらの青春」(脚本、出演等で参加)が第1回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)に入選。映画作りの面白さにさらに魅せられ、高校、大学時代も作品製作にいそしむ。

1988年、慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻を卒業。この時期に学んだ臨床心理学やカウンセリング理論などは、後の作品製作に影響を与えることになる。同年、「ドコニイルノ?」がPFFに入選。また大林宣彦監督のビデオ作品「香織の、―わたしものがたり。」で脚本家デビュー。映画「ツルモク独身寮」やVシネマ「あなたの知らない世界」「いつだって今が始まり」などのシナリオ、企業PVの構成台本等を多数執筆する。

1994年(平成6年)、初の劇場用長編作品となる「カナカナ」を製作・監督。29歳の独身女性と13歳の不登校少年の奇妙なひと夏の同棲生活を描いたこの作品は、モントリオール、ベルリン、ウイーン、シドニーなど多くの国際映画祭に招待され、「新感覚の日本映画の出現」と注目を集めた(国内公開は1995年)。また同作品で、1996年日本映画製作者協会フェスティバル新人部門ベスト3に選出。

1999年には、ジャズヴォーカリストの鈴木重子と、当時「小劇場界のプリンス」と呼ばれていた堺雅人を初めて映画に起用した長編第2作「火星のわが家」を製作。火星の土地売買と老親の介護とをからませたユニークな内容が評価され、第12回東京国際映画祭にてプレミア上映、2000年に東京を皮切りにロードショー。2001年の日本映画監督協会新人賞の最終選考作品となる。

2000年以降は、「パーソナルシリーズ」と銘打ったドキュメンタリックなドラマ作品をデジタルビデオカメラを駆使してコンスタントに製作。2005年には、実父である劇作家・青江舜二郎(秋田県出身。1904〜1983)の生誕百年記念作品として、「水のほとり」「実験室」の2作品をCD/DVD化。また日本大学藝術学部との共催で、生誕百年記念イベントをプロデュースする。

2008年、劇場用長編第3作「凍える鏡」(出演:田中圭、冨樫真、渡辺美佐子)を製作、公開。精神科医の監修のもと、「自己愛性パーソナリティ障害(人格障害)」を日本で初めて取り扱った作品として話題を呼ぶ。

2009〜10年、「秋田魁新報」学芸欄に青江舜二郎の評伝を1年にわたって連載。2011年、連載時の原稿に加筆修正を施し『龍の星霜 異端の劇作家 青江舜二郎』(春風社)として刊行。2012年、一連の顕彰活動により、秋田県芸術選奨特別賞(ふるさと文化賞)を受賞。

2013年、影絵専門劇団「かかし座」のバックステージに密着した初めてのドキュメンタリー作品「影たちの祭り」を製作、公開。2014年、厚生労働省社会保障審議会 特別推薦児童福祉文化財に選定される。

2017年、足かけ10年を費やした歴史ドキュメンタリー作品「鎌倉アカデミア 青の時代」を製作、公開。